【青チャートで挫折した人必見!】絶対に挫折しないための3STEP

f:id:syaru-ks:20190728094854p:plain こんにちは!大阪でStudy Hacksという塾経営をしている迫先生です!

受験の参考書の定番と言えば青チャートですよね。


多くの学生が使っている参考書だと思いますが、たまにこんな学生を見かけます。

「時間が足りなくて青チャートが終えられません。。」

「まだ青チャートは終わっていないけど、今は他の参考書をやってみています。」


いやいや、ちょっと待って。

参考書を最後まで終えることができないというのは成績を伸ばす勉強法からかなり遠ざかっていることをお気づきでしょうか?


青チャートで挫折してしまった人には耳が痛い話かもしれませんが、事実でもあります。

ではどうして最後まで終えないことがダメなのでしょうか?

参考書の浮気は失敗する

よく幾つもの参考書に手を出して、結局どれも中途半端になってしまう人がいるんですが、これは勉強量が結果に繋がらない勉強法になってしまっています。

つまり、頑張ったのに成績が全然上がらない。という状況になってしまいます。


『成長 = 出来ないことを出来るようにする事』です。

なのに、解けない問題を解けないままにして放置していては成長しません。

大事なのは、解けなかった問題を見つけてそれを解けるようにすることなのです。

もちろん1冊きちんとやり抜いたら、2冊目参考書に取り組んでも構いませんよ。


とにかく、青チャートにしても他の参考書にしても解きっぱなしにせず、自力で解けるようにする事。

これが成績を伸ばす上で最も重要です。

f:id:syaru-ks:20190728095424p:plain

なぜ完遂できないのか?

では、どうして1つの問題集を最後まで終えることができないのでしょうか?

それは完璧を追い求めすぎているからなんですね。


1回目から、すべての問題をすべて自分の力で解こうとしていないでしょうか?

これはあまり効果的な方法とは言えません。

重要なのは完璧よりも"スピード"です。


解けない問題にこだわりすぎず、まずはサクッとスピーディーに最後まで終えることを意識すること。

最終的にできるようになればいいわけですから、1回目の正答率は正直どうでもいいのです。

f:id:syaru-ks:20190728100027p:plain

では具体的にどのように青チャートに取り組んでいけばいいのかを次に見ていきましょう。

STEP.1 答えを書きながら理解

f:id:syaru-ks:20190728101432p:plain

まずは1周目。

出来る問題はいいとして、出来ない問題は出来ないからといって落ち込む必要はありません。

出来ない問題は答えを見ながら書いて理解していきましょう。


仮に理解できないとしてもどんどん先に進んでいきます。

1回ですべてを理解するのは不可能ですからね。

それよりも何回も取り組んで定着させていったほうが記憶に残ります。


ポイントは出来ない問題に時間を取られすぎないこと。

いくら出来ない問題と向き合っていても出来るようにはならないですし、時間も無駄にしてしまいます。

出来ないことを最終的に出来るようにする。勉強とはたったそれだけのシンプルなことなのです。

STEP.2 見るだけ復習の徹底

STEP1で出来ない問題を軽く理解したら、次は何回も答えを見て復習すること。

繰り返し問題の解法を見ることで理解が進み、だんだん解けるようになってくるはずです。

目安としては5~7回くらい取り組みたいですね。

そして「もう自分で解けるかな?」と思ったらSTEP3に進みます。


ここでのポイントは1問あたりにあまり時間をかけすぎないこと。

あくまでも見るだけの復習なので、1問あたり1分くらいで十分です。

長くでも3分くらいを目途にしましょう。

f:id:syaru-ks:20190728102626p:plain

STEP.3 実際に自分で解いてみる

何回も復習したら、本当に定着しているか実際に解いてみましょう。

そして解けなかった問題にはチェックを付けて、また後日解いてみます。

そして全てのチェックがなくなったらその参考書はクリア!

f:id:syaru-ks:20190728103724p:plain

何度も言いますが、解けない問題があることがダメなんじゃなくて、その問題を解けるようにすることが大事なんです。

出来ないことを出来るようになることが成長であり、成績を上げることに繋がりますからね。

まとめ : 完璧主義を捨ててスピードを徹底

f:id:syaru-ks:20190728104104p:plain

よく「難しい問題は粘り強く取り組んで考える力を養おう!」みたいな勉強法を聞きます。

しかし、"出来ない問題をいかに効率よく出来るようにするか"、という観点で考えればじっくり考える勉強法は間違いだと言わざるを得ないんですね。


考えて問題を解くという行為は今まで学んできた知識を組み合わせていくことです。

決して何もないところから何かを生み出すということではないんですね。


参考書を解くときも同じです。

分からない問題もまずは答えを見て理解して、問題の解法や考え方を取り込んでいく。

そして徐々に出来る問題を増やしていくんですね。

今回紹介した効率的な参考書への取り組み方を実践して、まずは1冊参考書をやり切るということを意識して勉強していきましょう!

© 2018 迫 佑樹